知っておこう!医学部予備校の概要

医学部予備校は受験する大学によって選び方が異なる

大学合格対策を専門としている予備校でも、とりわけ医学部の予備校の人気は高くなっています。その理由としては、医学部自体の難易度が高く、その倍率も高水準で推移しているという事情があります。浪人生が通うというイメージの強い予備校ですが、現役の高校生でも通っている人が多いということで、他の学部とはかなり毛色が異なります。医学部予備校は、受験する大学が国公立か私立かによって、大きく2種類に分けることができます。

国公立大学を志願する場合は、大手予備校の医学部専用コースに、私立大学を志願する場合は医学部専門の予備校に行くことが一般的となっています。しかし、同じ医学部専門の予備校でも、特徴が大きく異なっていることは頭に入れておく必要があります。

医学部予備校の特徴とメリットなど

大手予備校の医学部専用コースの場合、現役の高校生が国公立大学を受験することを想定したカリキュラムで構成されています。大手予備校において人気の高い講師が多数在籍しており、質の高い授業を受けることができる他、センター試験を受験することもあり、総合的な学力を伸ばせるといった特徴があります。学費も平均100万と割安である一方、原則として集団授業の形式を取っているため、授業についていけない人も出て来ることが予想されます。 医学部専門の予備校は、現役生から浪人生までの受験生が、私立大学を受験することを想定したカリキュラムとなっています。少人数またはマンツーマン指導の形式を採用しているため、志望する大学に特化した授業を受けることができます。学生寮なども用意されているなどサポートも充実している一方で、学費が平均500万円と、かなり高額であることがデメリットです。

医学部の予備校の寮に入って、受験勉強に専念する事ができます。事前に見学してから、入寮するかどうかを決める方法も可能です。