色々なことが学べる!医学部予備校の授業内容

一般的な予備校との違い

医学部の予備校は、一般的な予備校とは違うイメージがありますが、具体的に何が違うのでしょう。この記事では、一般的な予備校と医学部予備校の違いを紹介していきます。医学部の予備校は、一人一人の医学部合格に特化した予備校です。例えば、偏差値が40だったとしても、1年間で合格できるレベルまで引き上げる体制作りを心掛けているようです。医学部予備校の多くは、個別指導や少人数制で、講師は生徒の学力だけではなく、苦手な分野まで把握することができます。また、疑問に思ったらすぐに質問ができることも、大きな利点です。指導を行うのは、医学部受験のプロ講師です。生徒は勉強方法まで指導してもらえるので、効率よく理解を深めることができます。

医学部予備校の授業の特徴

高校生や浪人生、社会人など、医学部予備校の生徒には、色々な立場の人がいます。医学部予備校では、9時から21時頃まで授業を行っているところが多いです。予備校によっては、23時まで対応しているところもあります。個別指導の予備校では、生徒一人一人に対して、それぞれのカリキュラムに沿った授業を行っています。例えば、化学が苦手な生徒には化学の授業に重点を置いたり、物理の授業に力を入れたりすることができるのです。 授業の1コマの時間を、生徒によって80分から120分に変更できる予備校もあります。年間スケジュールを定めて、時期によって小論文の対策をすることも可能です。また、医学部の予備校は、生徒が自習できるスペースがあるところが多いようです。講師が待機しているところが多く、いつでも質問できます。

医学部の予備校の合宿には、個人合宿を行う所もあります。学力と精神面の両方をサポートしながら就寝まで付きっきりで指導するようです。